2017年01月07日

ミカ【21歳/学生】_Vol.3

口に当てられたモノが何かに気付いた様子のミカ…

僕は仁王立ちの状態で上からミカを見下ろす。

僕「ほら。舐めなよ」

ミ「…うん…」

制服姿に目隠し状態のまま、ミカは僕のモノを少しずつ舐め始める。

舌先でペロペロと舐めたり、先っぽだけ口に咥えたりとソフトなフェラが続く。

220


元々、ミカはフェラがあまり得意ではないと言ってた。

そんなミカにちょっと意地悪をしたくなった僕は、自ら腰を動かし始める。

ミ「んんッ!!んんーー!!!」

突然口の中で動き始めたモノに少し戸惑いながらも、何とか口に咥えたままでいる。

僕が腰を動かす度に、

ジュポ…ジュポ…という唾液混じりの厭らしい音と、

ミ「んんぅぅ…!!!んんッ!!!」というミカの声が聞こえてくる。


222

もう、ミカの口と手は厭らしい液でまみれている。

僕は更に少しずつモノを奥へ奥へと差し込んでいく。

ミ「んんんーーーーー!!!」

明らかに少し苦しそうなミカ。

ミ「んんッー!!!!!!!!!!」

苦しくなったのか、一旦僕のモノを口から離す。

ミ「げほッ…げほッ…はぁ…はぁ…」

と呼吸を整えようとしている、ミカに間髪入れずにモノを差し込む…

ミ「んんッ!!!んぅぅ…」

眉間にシワを寄せ、苦しそうに舐めている様子を見て、僕は更に興奮してくる。
(ホント、変態でスイマセン…)

僕「手を使わずに、口だけで舐めて」

ミ「…」

言葉を発しない代わりに、頷くミカ。

ジュポジュポ…

ジュポジュポ…

手をどけると、より一層厭らしい音が増してくる。

暫く続けていると、僕のモノは完全に準備万端に!!!

そのままミカを押し倒し、正上位でIN。

ミ「アぁッぁッ!!!」

ミカもフェラをしながら興奮していたのか、先ほどよりもアソコはヌルヌル…

狭いミカの中に、ズブズブと僕のモノが入っていく。

正上位で突く度に、ミカが着ている制服がどんどん乱れていく。

その様子を堪能しながら、僕は正上位~バック~正上位(たぶんこんな流れだった気がします…)

で、散々突いちゃいました♪♪

225
227


最後はミカと激しく舌を絡ませ、抱きついた状態のままフィニッシュ!!!

僕もミカもくっついたまま、はぁはぁ言って暫く動きませんでした。


でも、この日は時間が短かった為、あまりゆっくりはしていられず…

でも僕もミカも、もう1回したいね…みたいな感じになり、20分くらい休憩した後にもう1回しちゃいました(笑)

さすがにそんなに若くない僕は、まずはミカをオモチャ責め!!!

オモチャでおかしくなったミカに、手コキをしてもらい何とか準備が整った僕。

そして再度挿入!!

2回目という事もあり、僕はだいぶ余裕を持って突いてたんですが、

オモチャで散々おかしくなってたミカは、

ミ「アッ!!…も…う無理ぃ…早く…早くイって…」

と喘ぎながら言ってました。
(でも、そう言われると余計にイケなくなったりしちゃうんですよね…笑)

そんなこんなで、短時間で2回戦をこなし、大満足でホテルを後にしました(●´艸`)







takeyamadanchi102 at 23:37│TrackBack(0)

トラックバックURL