2017年03月29日

ミキ【28歳/OL】_Vol.1

今回の記事は僕がまだガラケーだった頃のお話です( ´ ▽ ` ) 久々に読み返したら懐かしい感じがしました〜♩


ミキとのキッカケは、mixiにてミキが僕にメッセージを送ってくれたのが始まりでした。


ミ「私ともHしてほしいなハート と思ってメッセ送ってみましたウッシッシ返事くれたら嬉しいデス揺れるハート

っていうメッセージが!!!

最初のメッセージから、かなり積極的だな~なんて思いつつも、
返信。

僕「僕なんかで良ければいつでもお相手しますよ~♪イケメンじゃなくても良ければ(笑)」

な~んてメッセージを返すと、

ミ「じゃあ写メ交換しましょ♪お互いタイプじゃなければナシって事で!!」

との事。

僕(展開はえぇ~~~。ってかめっちゃ慣れてそうやな…)

と思いつつ、恐る恐る写メを交換。

もちろん、「いたって普通の30歳のオッサンですが…」的なメッセージを添えて( ̄ー ̄;





そこから待てど待てど、返信は来ず…

僕(やっぱ無理やったかな~)とさすがに少し凹んでいる所に、ようやく返信が!!!

ミ「え!?タイプですけど。カッコイイ♪」なんてメッセージ。

僕(ん!??カッコイイ??誰の事言ってんだろ…送る写真間違えてないよな…)
なんて思い、送信メールの再確認(笑)


そして、ミキからのメールにはプリクラが何枚か送られてきました。


僕の経験上、最近のプリクラは技術が進歩し過ぎて、あまり信用しないようにしてるんですが、
ミキは3枚も送ってきてくれたおかげで、何となく雰囲気を掴む事が出来ました♪

プリクラに写っているミキは、ちょっとギャルっぽい感じで、
僕のあまり関わった事のないタイプでしたが、どれを見ても可愛い(*´ー`*)
しかもスタイル良さそ~~♪♪

こんな子が、あんな積極的なメッセージをくれたのか~

なんて一人で浮かれていました。

そこからは、毎日のようにメールをするような仲に。

ある時、会社へ向かってる時に、

ミ「きょーすけさん、今日も仕事頑張ってね♪」というメールとともに、



untitled



こんな素敵な写メが送られて来ました♪

ミ「生理前だから、おっぱいすごく張ってて…」

僕(出勤前から、なんちゅー写メ送ってきとんのや~~)

なんて思いながらも、思わず反応する僕の下半身(笑)


こうなってくると、自然とメールの内容は「早く会ってみたいね~」という流れに。

でも、お互いシフト休みの上、ミキは同じ関東に住んでるものの、
僕の住んでる所からはかなり遠い。

電車で2時間ちょっとかかる距離…(_ _|||)



なんで、会うのはなかなか難しいかな?なんて思っていたのですが、

ミキの住んでる地域から、僕の住んでる地域までバスがある事が判明!!!

ミキが仕事早上がりの日と、僕が翌日午後出社の日があったので、その日に会う事に♪

という事で、いきなりのお泊りコースですヾ= ̄∇ ̄)ノ


当日、待ち合せの駅はかなりの人…人…人…

ちゃんと分かるかな~?なんて思いながらも、

僕「○○の店の前に立ってる、デカイのが僕だよ~~」

とメールして暫く待っていると、笑顔で近づいてくる可愛い子発見!!!

ミ「ほんとに大きいから、すぐに見つかったよ~♪」

僕「それは良かった!」

と無事に合流出来た所で、近くのお店に。


お店では色々な話をして盛り上がりました。

ミキはこういうのに慣れてるどころか、知らない人にメッセージを送ったのが初めてだったようです。

僕「よく、僕にメッセージ送ろうと思ったね~」

ミ「なんか、キョウコさんとのブログ見てたら…ちょっと濡れちゃって…」

ミ「気付いたらメッセージ送ってました…」

との事。

僕のブログ読んで、そんな風に思ってもらえたのなら、それは素直に嬉しい事です♪♪


そんなこんなで、お互い程良く酔い、お腹も膨れた所でホテルに行く事に。

お店で更に打ち解けた事もあり、お店を出てから自然と手を繋ぐ僕ら。

エレベーターに乗り込むと、誰もいないのをイイことにミキを抱き寄せキス…

ミ「んんッッ…」

ミキも僕のいきなりのキスに少し驚きつつも、

すぐに舌を絡め応戦してくる。

たった、数秒のキスだったけど、お互いの興奮を高めるには十分な時間でした…


そしてホテルに到着。

30
31


たぶん続きます…( ̄∇ ̄)





takeyamadanchi102 at 21:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字