2017年01月07日

ミカ【21歳/学生】_Vol.3

口に当てられたモノが何かに気付いた様子のミカ…

僕は仁王立ちの状態で上からミカを見下ろす。

僕「ほら。舐めなよ」

ミ「…うん…」

制服姿に目隠し状態のまま、ミカは僕のモノを少しずつ舐め始める。

舌先でペロペロと舐めたり、先っぽだけ口に咥えたりとソフトなフェラが続く。

220


元々、ミカはフェラがあまり得意ではないと言ってた。

そんなミカにちょっと意地悪をしたくなった僕は、自ら腰を動かし始める。

ミ「んんッ!!んんーー!!!」

突然口の中で動き始めたモノに少し戸惑いながらも、何とか口に咥えたままでいる。

僕が腰を動かす度に、

ジュポ…ジュポ…という唾液混じりの厭らしい音と、

ミ「んんぅぅ…!!!んんッ!!!」というミカの声が聞こえてくる。


222

もう、ミカの口と手は厭らしい液でまみれている。

僕は更に少しずつモノを奥へ奥へと差し込んでいく。

ミ「んんんーーーーー!!!」

明らかに少し苦しそうなミカ。

ミ「んんッー!!!!!!!!!!」

苦しくなったのか、一旦僕のモノを口から離す。

ミ「げほッ…げほッ…はぁ…はぁ…」

と呼吸を整えようとしている、ミカに間髪入れずにモノを差し込む…

ミ「んんッ!!!んぅぅ…」

眉間にシワを寄せ、苦しそうに舐めている様子を見て、僕は更に興奮してくる。
(ホント、変態でスイマセン…)

僕「手を使わずに、口だけで舐めて」

ミ「…」

言葉を発しない代わりに、頷くミカ。

ジュポジュポ…

ジュポジュポ…

手をどけると、より一層厭らしい音が増してくる。

暫く続けていると、僕のモノは完全に準備万端に!!!

そのままミカを押し倒し、正上位でIN。

ミ「アぁッぁッ!!!」

ミカもフェラをしながら興奮していたのか、先ほどよりもアソコはヌルヌル…

狭いミカの中に、ズブズブと僕のモノが入っていく。

正上位で突く度に、ミカが着ている制服がどんどん乱れていく。

その様子を堪能しながら、僕は正上位~バック~正上位(たぶんこんな流れだった気がします…)

で、散々突いちゃいました♪♪

225
227


最後はミカと激しく舌を絡ませ、抱きついた状態のままフィニッシュ!!!

僕もミカもくっついたまま、はぁはぁ言って暫く動きませんでした。


でも、この日は時間が短かった為、あまりゆっくりはしていられず…

でも僕もミカも、もう1回したいね…みたいな感じになり、20分くらい休憩した後にもう1回しちゃいました(笑)

さすがにそんなに若くない僕は、まずはミカをオモチャ責め!!!

オモチャでおかしくなったミカに、手コキをしてもらい何とか準備が整った僕。

そして再度挿入!!

2回目という事もあり、僕はだいぶ余裕を持って突いてたんですが、

オモチャで散々おかしくなってたミカは、

ミ「アッ!!…も…う無理ぃ…早く…早くイって…」

と喘ぎながら言ってました。
(でも、そう言われると余計にイケなくなったりしちゃうんですよね…笑)

そんなこんなで、短時間で2回戦をこなし、大満足でホテルを後にしました(●´艸`)







takeyamadanchi102 at 23:37|PermalinkTrackBack(0)

2016年12月25日

ミカ【21歳/学生】_Vol.2

足の指でミカのアソコをしばし責め続けた僕は、

身体を起こして再びミカにキス…

クチュッ…クチュッ…

とお互いの舌が激しく絡み合う音が漏れる。

僕はキスをしながら、カーディガンのボタンを一つ一つゆっくりと外していく。

ミ「はぁッ…ん!!!」

ボタンを外す時にワザと胸に触れるようにしたりしてミカの反応を楽しむ。

僕「どうした?エッチな声出しちゃって」

ミ「んん…」

214

カーディガンのボタンを外すと、今度はシャツのボタンを外しにかかる。

シャツのボタンをほとんど外した所で、ミカをベッドへ押し倒す…

ミ「アッ・・・」

216

目の前には、乱れた制服姿のミカ。

僕はそのまま暫くその姿を眺めてました。

ミ「…!?」

僕「すっごいエロい格好してるよ、ミカ」

ミ「や。あんまり見ないで…」

そんな言葉とは裏腹に、隠すどころかどんどん興奮してきている様子。

そーっと、僕はミカのアソコに指を当ててみる。

217

ミ「アぁぁッッ!!!イヤぁん…」

もちろん、嫌な訳ありません。

その証拠に、パンツは少し前とは比べ物にならないくらい濡れていました。

僕は、一番敏感であろう部分を指で責める…

その度にミカは大きな声を上げて、身体をくねらせ感じている…

僕「ほら…すっごい濡れてきてるの分かる??」

ミ「い…いや…」

僕「嫌?嫌なら止めるけど…??」

ミ「…」

僕「止めようか??」

一旦、指の動きを止める。

ミ「…や、止めないで…」

僕「もっとしてほしんでしょ?」

ミ「もっと…して欲しい…」

いや~こういう恥じらいながらの言葉が一番興奮しちゃいます、僕は。

僕「じゃあ、もっと気持ち良くしてあげるよ」

僕はミカのパンツを下ろすと、そのままミカのアソコを舐め回す。

全体~中心~クリ~

時折ふぅ~っと息を吹きかけたり、

舐めながら指を入れ、ドロドロになっているミカの中を堪能する。

あるポイントを指でノックするようにしていると、

ミ「アぁッぁッーー!!!」

ミ「アッーー!!!ダメ、だめ…出ちゃう…出ちゃうー!!!」

219

と、最後は僕の手、ベッドに潮を出してしまうミカ…

ミ「はぁ…ハァ…ハァ…」

僕「どうした?まだ終わりじゃないよ」

グッタリしているミカを起こし、僕は自分のモノをミカの口に差し出す…

ミ「アッ…!!!」

目隠しをしているミカも、口に何を当てられているのかが分かった様子…




続く…ハズです(笑)



takeyamadanchi102 at 00:23|PermalinkTrackBack(0)

ミカ【21歳/学生】_Vol.1

プレイバック第2弾です〜(°▽°)


ミカと知り合ったのもmixiにまだ足跡機能があった頃…

(足跡機能って前の方が良かったって思ってる人、多いですよね~きっと!!)

ミカは都内の大学に通う女子大生。

以前、僕がちょこっとだけ書いてた日記を読んでくれてメッセージを頂きました♪

とは言え、僕とミカは10歳近く離れてるので最初は話が合うか心配でした。
(ま、案の定、話が通じない事もありましたが…笑)

ミカは可愛い女子大生なんだけど、エッチの経験はまだそこまでない子。
しかも好きな人がいるんだけど、その人には彼女がいて、だけど体の関係は持ってしまってて…
ていう状態…。

(う~ん、こういう恋愛関係って若いな~って思っちゃう所が、もうオッサン的発想になりつつあります…)

でも、話を聞くと、その彼はエッチの時キスもしてくれないらしく、結構一方的な内容みたい。

だから、僕なんかにメッセージくれたんでしょうね♪♪

そんな経緯がありつつ、ミカとは結構前に一度会ったきりだったんですが、
最近久しぶりに会う事が出来たのでその時のお話を。


当日、都内某所で待ち合わせ。

先に着いた僕は、ミカらしき人はどこかな~~なんて探していると、来ました来ました!!

足を思い切り露出してる子(笑)

ミ「お待たせ~!!」

僕「おう!久しぶり!!」

軽く再会の挨拶を終えた僕らは、早速ホテルへと歩き出す。

この日はお互い時間が限られていて、3時間しか一緒にいられない…(><。)

思わず早歩きになりながらホテルへ到着。

部屋に着いて、少しお互いの近況を報告し合った後、

僕「そろそろシャワー浴びてきたら??」

ミ「そうだね!」

僕「じゃあ、浴びたら、あれ宜しくね!?」

ミ「覗いちゃダメだよ!!」


と、お風呂へと消えていくミカ。

暫くするとシャワーの音が僕にも聞こえてくる。

その瞬間から、僕のワクワク感が増していく。


実は、このホテル、コスプレのレンタルがあるんです(//∇//)

で、会う前のやり取りで、今までノーマルエッチしかした事ないからというミカと話してコスプレする事に。

僕自身も、あまりコスプレの経験がなかったので一石二鳥って訳です。

そして、いよいよ着替えたミカの登場…

201

そう!!

コスプレの内容は「女子高生」です(〃ノ∇ノ)

ま、21歳のミカが制服着ると現役にしか見えません。

まさか、この年齢になって間近で制服姿を拝めるとは思ってませんでした(笑)

この時点で僕のアソコはムズムズ反応し始めちゃいました。

僕「めっちゃ素敵やん♪♪」

ミ「そう?恥ずかしいんだけど…」

僕「いいから、こっち来て座って」

203

隣にミカを座らせると、我慢出来なくなった僕は唇を奪うようにキス!!!

ミ「んッ!!!んんッ…」

僕のいきなりのキスに少し驚きながらも、すぐに舌を絡めてくる。

ミ「はぁッ…ああッ…」

コスプレの状況にミカも興奮しているのか、キスをしながらも声がどんどん漏れてくる。

僕「そうだ。せっかくだから、これ付けようか!!!」

ミ「…うん…」

208

今度は目隠しさせちゃいました♪

ミ「何にも見えないよ…」

ミ「どこ…??」

僕「目の前にいるよ」

僕「制服姿に目隠しのミカ…すっごいエロいよ」

ミ「恥ずかしいよ…」

僕「ちょっとそのまま足広げてみて」

ミ「え…見えちゃうよ…」

僕「見せてもらうんだよ。早く広げて!!」

ミ「こう…?」

210

この格好…エロいです…

ミカは目隠しされた上に、こんな格好させられても僕の言う事をちゃんと聞いてくれてます。

僕「パンツ丸見えだよ」

ミ「ヤダ…あんまり見ないで…」

僕「見て欲しいくせに!!もう濡れてんじゃないの!??」

ミ「そんな事な…アぁッ!!」

212

最後まで言い切る前に、足でミカのアソコを攻撃。

案の定、ミカのパンツは湿ってました。


僕「ほら…濡れてんじゃん!!」

そう言いながら親指をクイクイッと動かす。

ミ「はぁぁッ…アぁ…あんッ」

カシャッ…カシャッ…

僕は親指でミカのアソコを責めつつ、携帯のカメラでミカの痴態を撮り続けるのでした…


続く…と思います(。・∀・)ノ゛









takeyamadanchi102 at 00:22|PermalinkTrackBack(0)