2017年03月29日

ミキ【28歳/OL】_Vol.3

洗面所での激しく求め合う僕ら…

鏡にはその姿が鮮明に映し出されている。

ディープキスを交わしながら、僕はミキのスカートをめくりタイツに手をかける。

そして膝のあたりまで一気に下ろす。

ミ「アぁぁッ…」

まるでタイツを脱がされる行為そのものに感じている様子のミキ。

40

この中途半端に脱がされてる感じが…たまりませんッ♪♪

そしてその後、ベッドへと移動。

電マはくすぐったくてあまり…と言っていたミキに電マ責め!!!

僕は手を足を使い、無理矢理ミキの足をこじ開けさせて電マのスイッチを入れる…

ミ「アッ…」

ヴいぃぃぃん…
ヴいぃぃぃん…

と電マの音が鳴り響く。

ミ「アぁッ…やっぱりちょっとくすぐったいかも…」

なんて言うミキの口を塞ぎ、

キス…乳首…電マの3点責めを試みる。

するとどうでしょう!暫くすると、

ミ「んんッ!!!アぁッ!!!?イヤッ…ダメぇ!!!」

なんて嬉しい喘ぎ声に。

ミキは身体をピクピク震わせながら、僕と電マの責めを受け続ける。

42

ミ「ぁぁあ…イ…イッちゃう…」

僕「イキそうなの?いいよイって。」

ミ「あっぁっぁぁぁぁっぁ!!!!!」

と言う事で、無事に電マを堪能したミキ。


ちょっとの間、ぐったりしていたミキだったが、

ミ「ふふふ…」

と嬉しそうな顔をしながら僕に跨ると、

ペロペロ…

と僕の乳首を舐め始める。

(実は僕、乳首が一番敏感なんです…笑)

瞬く間に僕のモノは元気いっぱいに(笑)

そんな僕のモノを嬉しそうに見つめ、そしておもむろに口に咥え始めるミキ…

始めは優しく舌を口で僕のモノを包み込むようなフェラが、
次第に激しさを増していく。

ジュポジュポジュプ…

ジュルジュルジュル…

ジュポジュポジュプ…

ジュルジュルジュル…


激しく揺れるミキの頭と、どんどんいやらしい音が増すフェラ。

そして舐めながらも僕の乳首への責めも忘れないミキ…

ほっといたら、そのままフェラでイってしまうんじゃないかと思うような時間が過ぎる…

44

43

乱れた服がたまりませんッ(2度目…笑)


結局、ミキの素晴らしフェラを堪能した僕は、

イってしまう一歩手前で思いとどまり挿入。

正上位~バック~騎乗位~正上位~

と思う存分堪能させてもらいました。

写真も撮ったのですが、ブレまくって使い物になりませんでした…( ̄ロ ̄lll)



この後、お互い仕事の疲れもあったのか、ホテルでレンタルしていたお笑いのDVDを
見ながらいつの間にか熟睡…


それでも、寝起きで1回戦、暫く休憩の後もう1回戦(*^ワ^*)

1晩で3回もしちゃいました☆

そして僕はそのまま出社(笑)

心地よい疲労感を覚えたまま1日頑張りました!!!


ミキも満足してくれたようで、この後再度会う事が出来ました♪♪

その時の話は、また今度…

たぶん書きます(笑) v( ̄∇ ̄)ニヤッ





takeyamadanchi102 at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ミキ【28歳/OL】_Vol.1

今回の記事は僕がまだガラケーだった頃のお話です( ´ ▽ ` ) 久々に読み返したら懐かしい感じがしました〜♩


ミキとのキッカケは、mixiにてミキが僕にメッセージを送ってくれたのが始まりでした。


ミ「私ともHしてほしいなハート と思ってメッセ送ってみましたウッシッシ返事くれたら嬉しいデス揺れるハート

っていうメッセージが!!!

最初のメッセージから、かなり積極的だな~なんて思いつつも、
返信。

僕「僕なんかで良ければいつでもお相手しますよ~♪イケメンじゃなくても良ければ(笑)」

な~んてメッセージを返すと、

ミ「じゃあ写メ交換しましょ♪お互いタイプじゃなければナシって事で!!」

との事。

僕(展開はえぇ~~~。ってかめっちゃ慣れてそうやな…)

と思いつつ、恐る恐る写メを交換。

もちろん、「いたって普通の30歳のオッサンですが…」的なメッセージを添えて( ̄ー ̄;





そこから待てど待てど、返信は来ず…

僕(やっぱ無理やったかな~)とさすがに少し凹んでいる所に、ようやく返信が!!!

ミ「え!?タイプですけど。カッコイイ♪」なんてメッセージ。

僕(ん!??カッコイイ??誰の事言ってんだろ…送る写真間違えてないよな…)
なんて思い、送信メールの再確認(笑)


そして、ミキからのメールにはプリクラが何枚か送られてきました。


僕の経験上、最近のプリクラは技術が進歩し過ぎて、あまり信用しないようにしてるんですが、
ミキは3枚も送ってきてくれたおかげで、何となく雰囲気を掴む事が出来ました♪

プリクラに写っているミキは、ちょっとギャルっぽい感じで、
僕のあまり関わった事のないタイプでしたが、どれを見ても可愛い(*´ー`*)
しかもスタイル良さそ~~♪♪

こんな子が、あんな積極的なメッセージをくれたのか~

なんて一人で浮かれていました。

そこからは、毎日のようにメールをするような仲に。

ある時、会社へ向かってる時に、

ミ「きょーすけさん、今日も仕事頑張ってね♪」というメールとともに、



untitled



こんな素敵な写メが送られて来ました♪

ミ「生理前だから、おっぱいすごく張ってて…」

僕(出勤前から、なんちゅー写メ送ってきとんのや~~)

なんて思いながらも、思わず反応する僕の下半身(笑)


こうなってくると、自然とメールの内容は「早く会ってみたいね~」という流れに。

でも、お互いシフト休みの上、ミキは同じ関東に住んでるものの、
僕の住んでる所からはかなり遠い。

電車で2時間ちょっとかかる距離…(_ _|||)



なんで、会うのはなかなか難しいかな?なんて思っていたのですが、

ミキの住んでる地域から、僕の住んでる地域までバスがある事が判明!!!

ミキが仕事早上がりの日と、僕が翌日午後出社の日があったので、その日に会う事に♪

という事で、いきなりのお泊りコースですヾ= ̄∇ ̄)ノ


当日、待ち合せの駅はかなりの人…人…人…

ちゃんと分かるかな~?なんて思いながらも、

僕「○○の店の前に立ってる、デカイのが僕だよ~~」

とメールして暫く待っていると、笑顔で近づいてくる可愛い子発見!!!

ミ「ほんとに大きいから、すぐに見つかったよ~♪」

僕「それは良かった!」

と無事に合流出来た所で、近くのお店に。


お店では色々な話をして盛り上がりました。

ミキはこういうのに慣れてるどころか、知らない人にメッセージを送ったのが初めてだったようです。

僕「よく、僕にメッセージ送ろうと思ったね~」

ミ「なんか、キョウコさんとのブログ見てたら…ちょっと濡れちゃって…」

ミ「気付いたらメッセージ送ってました…」

との事。

僕のブログ読んで、そんな風に思ってもらえたのなら、それは素直に嬉しい事です♪♪


そんなこんなで、お互い程良く酔い、お腹も膨れた所でホテルに行く事に。

お店で更に打ち解けた事もあり、お店を出てから自然と手を繋ぐ僕ら。

エレベーターに乗り込むと、誰もいないのをイイことにミキを抱き寄せキス…

ミ「んんッッ…」

ミキも僕のいきなりのキスに少し驚きつつも、

すぐに舌を絡め応戦してくる。

たった、数秒のキスだったけど、お互いの興奮を高めるには十分な時間でした…


そしてホテルに到着。

30
31


たぶん続きます…( ̄∇ ̄)





takeyamadanchi102 at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ミキ【28歳/OL】_Vol.2

ホテルに到着すると、さっきの続きと言わんばかりに舌を絡める二人…

クチュッ…クチュッ…と舌を絡める度に漏れる音。

ミ「んふぁッ…ンふッ…」

僕「ちょっ…せっかくだから写真撮らせて…」

ミ「恥ずかしいから、嫌ぁ…もっとキスして…」

僕の上に跨り、更に積極的に舌を絡めてくるミキ。

そんな積極的なミキに興奮を覚えつつも、

僕「ダメ。せっかく可愛い服着てるんだから!!!」

実は僕…ワンピースが大好物…いや大好きなんです♪

ちょっと身体のラインが分かって、脱がそうと思えば一気に脱がせちゃう服…
でも、それを少しずつ脱がしていくのが好きなんです(//∇//)

という訳で、ちょっとエロカメラマンになったつもりで数枚パシャリ!!

39
38

うん。やっぱり好き(*´ー`*)

んで、この後は少し脱がした服を元に戻し(笑)、

僕「ちょっと、あっち行こうか」

ミ「…??」


と、連れて行った場所は洗面所の大きな鏡の前。

僕「ミキのエッチな姿、鏡越しに見せてね…」

そう言いながら、再びキスを再開。

鏡の前で激しく舌を絡め、

徐々に服を脱がしていく…

その度に、ミキの口から可愛い喘ぎ声が漏れる。


(僕の首に回してくるミキの手が、何かエッチで好きです)

33

32

35

36

37

洗面所でのキス~愛撫で、

二人の興奮度はMAXに…




たぶん続きます…v( ̄∇ ̄)



takeyamadanchi102 at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)